今すぐできるハクビシン対策~庭に近づけさせないために~

ハクビシン対策をする際は庭を徹底的に! ハクビシン対策をする際は庭を徹底的に!

今からできる庭でのハクビシン対策

庭から侵入して住処にしないようにするには、今すぐハクビシン対策を行なう必要があります。今できるハクビシン対策を見ていきましょう。

庭でできるハクビシン対策を紹介

雑草が伸びてきたらすぐに草刈り
ハクビシンが庭から侵入させないようにするには、草刈りをしなくてはいけません。雑草が伸びていると、ハクビシンは身を隠しやすくなってしまいます。身を隠しながら移動して、天井裏や床下などに侵入します。ですので、雑草が伸びてきたらすぐに草刈りをするようにしましょう。雑草を切れば、見通しが良くなりハクビシンも警戒して近づかなくなります。
木の枝を剪定する
ハクビシンは庭から侵入すると、庭木があった場合そこから登って天井裏に侵入します。家と庭の木が接しているのであれば、そこから侵入してしまうことを想定しておいた方が良いでしょう。庭の木に登り入らないようにするには、枝の剪定をしておけばハクビシンが侵入するのを防げます。庭の木が高くて届かないのであれば、剪定業者に頼むこともできます。
庭にエサ、ゴミ袋を置かないようにする
庭にハクビシンのエサとなるものを置かないようにすることも大切です。ペットを飼っているのであれば、エサをハクビシンが横取りして食べてしまいます。また、ゴミ袋を庭に置いているというところもあるでしょう。ゴミ袋にエサとなるものが入っていると、破られてしまい庭がゴミで散乱してしまいます。ゴミ袋やペットのエサは庭に置かないようにしてハクビシン対策をしましょう。

庭をキレイにすることが一番のハクビシン対策になる

今すぐできるハクビシン対策としては、庭をキレイにしておくことです。庭をキレイに片づけておけば、エサとなるものもありませんし、身を隠すこともできなくなってしまいます。ハクビシンが庭に近づかないような環境を作って対策しましょう。

TOPボタン