ハクビシンによる被害をなくす~庭のハクビシン対策が重要~

ハクビシン対策をする際は庭を徹底的に! ハクビシン対策をする際は庭を徹底的に!

ハクビシン対策を怠ってしまうと起こる被害

ハクビシン対策を行っていないと、家の中に住み着いて様々な被害を発生させてしまいます。その被害とは何なのかみていきましょう。

ハクビシンが引き起こす悲劇

ハクビシンが家の中に住み着くとどのような問題がありますか?
天井裏にハクビシンが住み着いてしまうと、そこをトイレにしてしまいます。ハクビシンの糞尿の臭いは鼻を覆いたくなるくらい強烈で、その臭いで動物の存在に気付くという方も少なくありません。ハクビシンは、住み着いた同じ場所に糞尿を繰り返す習性があります。それが酷くなると、天井裏の板が腐れてしまったり、その重さで抜け落ちたりしてしまうこともあるようです。
糞尿被害は悪臭以外にも被害はありますか?
ハクビシンによる糞尿以外にものだと、害虫被害が考えられます。動物の糞尿は、ハエやウジ虫、ゴキブリなどの害虫のエサとなってしまいます。また、ダニやノミといった害虫の発生も考えられます。ハクビシンなどの体毛に寄生する害虫は、動物だけじゃなく人間にも寄生してしまいます。寄生されてしまうと、皮膚病やアレルギーなどの2次被害を受けてしまうのです。
ハクビシンは人に襲いかかりますか?
ハクビシンは自ら人間を襲うことはありません。ですが、自分で追い出そうと近づいていくと、ハクビシンは危険を察知して襲ってしまうこともあるようです。また、ハクビシンは可愛い顔をしていますが、非常に狂暴な性格をしています。噛みつかれてしまうと、何針か縫うこともあるようですし、傷口から菌が入ってしまい感染症を引き起こす危険性もあります。

ハクビシンの被害を防ぐために庭で食い止めましょう

作業員

ハクビシンが原因で起きてしまう被害は大きいです。家の中に入れさせないためにも、侵入口となる庭のハクビシン対策を行なっておきましょう。庭のハクビシン対策をしっかり行っていれば、住処として狙われることはないといえます。

TOPボタン